« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月に作成された記事

カレンダー提出選別中

来年のカレンダーの投稿 数点の中から選択中 迷っています


Dscn3788


選に漏れそうなものは排除しました


| | コメント (0)

仏の里 ひまわり

最後になった ひまわり 仏の里の高台で咲いていました 黄色い花は最後


Img_0022


来年のために種が落ちてきます


| | コメント (0)

トイレの花 仏の里

何気なく飾ってある花 愛らしいです そして 綺麗にトイレを使用してくれています


Img_0016


ありがたいことです


| | コメント (0)

ボランティア 親子ふれあい映画会

函南町からの要請で 文化センターで行われた 親子ふれあい映画会に参加し 受付でチケットのもぎりを生れてはじめておこないました


途中は子供たちと一緒にディズニーの映画を見ました


Img_0328


経験できないことが出来て面白かったです


| | コメント (0)

伊豆巡礼用 木魚をいただく

まだ見習いなのに 先達をしたら 勤行には木魚が必要だと 木魚をいただきました


Img_0316


たたく物がないので仏壇屋さんに買いに行きました カイという名前だそうです 木だとすぐ壊れてしまうので柄の先は皮が巻いてあるもの 2500円 しました


Img_0317


音が良いです 柄の値段からして 木魚は相当したものでしょう 少し手入れをして ニス塗りをしようとしています


Img_0318


使用する日が楽しみですね


| | コメント (0)

かんなみ仏の里美術館で写真展を行っています

函南町にはいろいろな写真クラブがあります そのうちの一つが写真展を行っています


Img_0269


知った人の名前がありました


Img_0270


熟年の写真家ばかり?


Img_0271


海外まで出掛けています


| | コメント (0)

仏像 広小路の蓮馨寺

地学で三島をまわっている時 連繋寺の観音様


Img_1759


地蔵尊の顔ばかり見ていましたが 足元には かわいい像 気がつきませんでした


Img_1761


今後はここも見てみます


| | コメント (0)

後のせイチゴ大福

息子の北海道お土産


Img_0242


大福とイチゴが別梱包になっていて おモチはモチモチと


Img_0244


大福の真ん中をカットして ヘタのついたイチゴから ヘタを取ってイチゴに乗せると


Img_0246


べとつかずに つくりたてホヤホヤノ感じでおいしく頂きました


| | コメント (0)

地学 三島宿と三島の文学

三島に関係する 文豪達 太宰治 井上靖 大岡信の 小説などの作品に出てくるところや住んでいたところを巡ってきました


色にちなんだ五橋の表示がありました


Img_1767


源平川を下っていたら 緑地にいたカワセミを写すことが出来ました


Img_1772


三島バイカモも数輪咲いていました


Img_1776


大雨予想の曇り 午後には帰宅しました


| | コメント (0)

パイナプルリリー 花?

花なのか 茎なのか 花が咲くのか 疑問だらけの生け花でした


Img_0173_20190722063901


うばゆり 花の咲くのが楽しみです


Img_0174


色々な名前がありますね


| | コメント (0)

伊豆巡礼 先達デビュー 11番から19番

沼津駅と三島駅から お客さんを14名乗せて 先達僧侶が檀家の葬式ができたため ピンチヒッターで先達デビューをしました

伊豆巡礼の会ごとに 勤行の仕方が少しづつ違うので 前日の僧侶のまねをして ぶっつけ本番 17番18番と 本物の大きな木魚を遣わさせていただき 音の反響がよくて 自分の読経が聞こえなくなり酔ってしまう状態でしたね

Img_0192

皆さんからのおほめの言葉も頂けたので 来月もやってみようかなと 思う今日でした

| | コメント (0)

伊豆巡礼 一回目 サポーター

見習いを終わって 伊豆巡礼の一回目に参加しました 1番から10番まで 雨になるのを心配して 皆さんを納経帳を預かって リュックに背負って 巡ってきました 忙しくって写真は撮れず 昼食は 伊豆長岡でトロロ御膳を頂きました 食欲のない人もお代わりをしていました

Img_1739

明日は 住職が葬式で不在とのことで先達にデビューか?

| | コメント (0)

長光寺 朱印三回目

ガイドの後 お客さんが待っていて 函南でどこか良いところを紹介してとの話 丹那盆地の長光寺を紹介 道がわからなそうなことと 五時に近いので お寺まで案内 案の定 四時半過ぎなのでお寺は閉まっていたが 開けてくれて朱印を頂く ただしお説教 町田からのお客さんなので平謝り 自分も書いてもらいました


Img_0177


大変喜ばれて帰りました 住職の今後の伝説をつくるという 二人で入口の階段を手をつないで歩く姿が可愛かったです


| | コメント (0)

蓮の花 ねむの木

南伊豆は温かいですね 蓮の花が満開を過ぎていました 蓮華座で興味がわきました


Img_1576


ねむの木は ハワイに行ったときに この木なんの木 の日立の宣伝 モンキーポット


Img_1574


綺麗な花? 葉っぱ?


Img_1574_20190717084301


持って帰りたかったです


| | コメント (0)

納め札を作成中 空海

既存の納め札を使用中 五回以上の緑札になるので 新規に作成検討中


Img_0121


高野山に安置されている結縁大師に使用か?


Img_0132


掛軸である空海さん 迷っています


| | コメント (0)

仏像教室 三回目

お地蔵さんらしくなってきました どんどん薄くなっていきます


Img_0077


うまくいったなと想ったら 削り取りました


Img_0079


まだ最終に残るところまでには行き着いていません


Img_0083


鉛筆書きはこれから一ヶ月間の宿題 頑張ろう


| | コメント (0)

仏の里 ヘビメロン

いろんな植物があるものです


ヘビメロン


Img_0003


かんなみ仏の里美術館 の入り口に置いてあります


Img_0004


ほんとにへびのようです


Img_0006


ちょっと食べれません


| | コメント (0)

仏の里 お花達

生け花


Img_0010


青のチョウチョといわれている花 お客さんに聞かれた時 受付嬢に聞いた花の名前を答えました


Img_0011


青いチョウチョは日本名で ブルーエルフィンというそうです


Img_0013


かわいい花です 正式名はもっと長い名前であるそうです


| | コメント (0)

長谷寺の阿弥陀如来と天井絵

元国宝の阿弥陀さん 優しい顔ですが 国宝は信じられません 運慶作と聞いては もっと信じられません


Img_1622


天井絵は 陶板に復元したとのこと 


Img_1634


一枚ごとに名前が書いてありました


Img_1639


奉納した人の名前か?


| | コメント (0)

伊豆巡礼 南伊豆方面

長泉巡礼会に参加して南伊豆を巡ってきました 5寺予定が見所が有りすぎて3寺でで終了しました 53番 宝徳寺 キサミ 大きくて新しい建物でした ご婦人がたが御詠歌の練習で集合中のため本堂前でお勤め 御本尊が不動明王 自分の守り神なので観察したが見えず 望遠カメラで撮影して帰ってきて見たら 怒りの姿が有りました 裏山に 33観音 16羅漢の石仏群が有り お寺の前の県道には車に乗った石像が有りました


Img_1581


海沿いに出ると 数輪のハマボウがさいていました マングローブの板道を歩くと 紺碧の白砂の浜に 海水浴の準備中の浜辺を 碁石浜 サウンドスキー場 龍宮窟と歩き 田牛の 54番 長谷寺 本尊阿弥陀如来 優しい丸い顔で平安後期の特徴 以前は国宝で 今は重文とのこと 格下げになったのはなぜかなと 寝そべって天井絵を拝観 絵を陶器に焼き付けたもので これも素晴らしいものでした


Img_1623


たらい岬経由で弓が浜へ 梅雨の合間の晴天 おだやかで 観光気分で歩く 手掘り跡が残るトンネルがセメントの吹きつけに代わっていて残念 山百合からチョウチョが飛び立つ瞬間を撮影


Img_1644


健脚タイプ ゆるやかタイプ 海岸道タイプのうち 緩やかタイプで 盥岬から伊豆7島を観察 地平線から地球が丸いのを実感 逢ヶ浜では昨年 函南町歩こう会のジオ観察で好評だった 溶岩が噴出した後の貫入という現象 放射状に岩が割れた跡の前で写真撮影を提案 満ち潮で難儀したが 良かったです 大日如来になった気分とか?


Img_1682


弓ヶ浜でバス10台で来た浦和高校生たちの海水姿を見て 夏がちかずいたのを実感して 55番 修福寺 南伊豆町湊 ここにも国指定の重要文化財があり大般若経を見れるかと探しましたが不明? 3時近くになったので今回の打ち止めとなりました 


Img_1695


松永が長泉巡礼会に参加して2年半


この会での伊豆88巡礼が結願しました 歩いて半島一周 400km 楽しかったです 納経帳を真っ赤にするために まだまだ続きます


| | コメント (0)

車山散策 お花観察

車山肩から歩く 


Img_1505


ニッコウキスゲは数輪だけまだ早かった


Img_1522


霧の中 お花の種類は少ない


Img_1528


木道をひたすら歩く 鳥が鳴くものの姿を発見できず リフトの中間から 乗り込む


Img_1557


久しぶりのリフト 車山駐車場を下にして良い気分 白樺湖が見えませんでした


| | コメント (0)

白樺高原 もうもう

女神湖から牧場を眺めながら雨の中を歩く 雨に関連したような石碑が有りました 雨境峠 一段と雨が強くなりました

Img_1486

ゆっくりとお休み処に到着 ホット牛乳が美味しかったです

Img_1494

ソフトを食べている方も

Img_1491

牛を眺めながら一休み オラッチェに こんな状態ができれば毎日行きたいです

Img_1493

高山植物が見れなかった残念さを癒しました

| | コメント (0)

函南町歩こう会七月定例会 八ヶ岳から車山

あいにくの雨 八ヶ岳の双子山に向かったが 雨 苔むした岩と双子池めぐりを楽しみにしていたが 危険と判断し 女神湖周辺の散策と車山のお花の散策をしてきました


Img_1504


ハンサンフーロ 可憐な花に虫が居ました


Img_1509


コバイケソウの群生地は感動モノでした


Img_1502


枝の上から大きな声で鳴いていました 鳥の名前は? ホウクカ?


Img_1526


ニッコウキスゲは時期が早かったですが リストで中腹から車山駐車場までの間に群生が見られました


Img_1550


コケの観察会が高原の花観察会になりました コケは来年か?


| | コメント (0)

千葉房総 二日目

宿泊したのは千葉で有名な 三日月ホテル 純金風呂に入りました 下田の観音温泉と同じヌルヌルの肌になる泉質でした


Img_9918


勝浦港の朝市に行きました 高山と能登とで日本三大朝市とのこと 6:30 店が少なかったですが おしゃべりを楽しみましたImg_1362


大山の千枚田 段々畑で新緑で綺麗でした


Img_1384


昔はフェリーで千葉に渡った 金谷フェリーの港で昼食 海鮮丼が美味しかったです


Img_1416


帰りは アクアライン 海ほたるで休憩 スカイツリーほ片手に載せて写真が撮れました 


Img_1447


予定より早く帰宅 ただし雨の中


| | コメント (0)

成田山 新勝寺

年金友の会で千葉に出かけました 雨の中を心配されましたが 新勝寺では降ってなくてラッキー 山門 駐車場が近くて テレビで出てくる参道は歩きませんでした

Img_1219

仁王門 全体や仁王さんはやめて 浅草寺と同じ大きな提灯 こちらの方が重たい 

Img_1244

本堂前 有名な歌舞伎俳優が豆まきをするところ

Img_1261

三重塔を撮りましたが それよりも外装の彫刻が 日光に負けない作りでしたね

Img_1266

まだまだ続く

| | コメント (0)

長源寺 御朱印

令和になってからの御朱印をいただいてきました 函南 桑原 長源寺

かんなみ仏の里美術館に仏像が移動してからは オカリナなどの練習場所になっているようです

Img_9885

二種類になっています

Img_9884

あじさいですが アナベルという名前

Dscn3828

あじさいの盛りは過ぎました

 

| | コメント (0)

オリンピック聖火ランナーの登録申請完了

宝くじと同じで宝くじを買わないと当たらないと 東京オリンピックの聖火ランナーの申請登録にエントリー 登録に合格して 採用されるのを待つ状態 1/10000

Img_9669

50年前のオリンピックで 妹が走った記念の手ぬぐいが出てきました

Img_9683

ピースの空き箱に競技別の写真が入ったがらくたはなくなっていましたね

| | コメント (0)

家族とのお食事会

レストランでのお食事会 サワヤカとはまた違ったハンバーグでした 肉の塊は無理です

Img_1185

デザートが変わってました アイスクリームに アッい黒蜜をかけて 溶ける前の半クリーム 新鮮でした

Img_9735

息子たちは ザクロ?とアイスクリーム

Img_9738

雰囲気が違うとまた違う味ですね

| | コメント (0)

八ヶ岳の高山植物たち

女神湖から 大河原峠経由 双子山 双子池 亀甲池 天祥寺原 大河原峠 と 高山植物が沢山 

Img_1130

コバイケイソウ 双子山の岩肌に可憐な花 名前?

Img_1150

イワカガミを発見 数か所でけ オス池近く

Img_1155

天祥寺原までの山の中では コケの中にお花?

Img_1165

ピントが合ってなかったので本番でしっかり撮りたいです

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »