« 沼津 浅間神社 | トップページ | 沼津宿をめぐる »

沼津城跡をめぐる

三島と違いほとんどの遺跡が面影がなくて 所々に案内が残っていました 沼津城址 大手町


Dscn4640


お城の石垣が住宅の端っこに残っていました 上段の家と石垣 駐車場はお堀の中


Dscn4643


狩野川に架かる橋が三枚橋だと思っていたら 本当の三枚橋は 今は暗渠になっている三枚橋の横に流れて狩野川にそそぐところの橋でした


名前と橋げただけが歩道のところに残ってました 3枚の橋げたは数年前まで残っていたが神社が移転したらなくなってしまったとのこと


Dscn4647


本丸はあゆみ橋のところにあったとのこと 幕末には三重塔のある本丸があったと 浮世絵に書かれていました 江戸時代はここが赤瀬と言って 沼津港だったとは そして鎌倉時代は黄瀬川近くが沼津港 初耳でした 


Dscn4652


老中になった水野さんが城主だったのと 明治維新の時 水野さんが千葉に移転したので お城中心の街づくりがなされずに 狩野川北の沼津駅と 狩野川南の 市役所 学校群に 分かれていることを知りました 地学の先生の三島と沼津の 取り組みの違い分析が面白かったです



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村に登録しました よかったら クリック お願いいたします
 


 

|

« 沼津 浅間神社 | トップページ | 沼津宿をめぐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沼津 浅間神社 | トップページ | 沼津宿をめぐる »